ごみばこ

プログラムに関する備忘録などを書いています。

Laravel Note - todoリスト(テーブル・マイグレーション作成)

前回はプロジェクトとDBの作成を行いました。

今回はLaravelのコマンドを使用してテーブルの作成を行います。

アジェンダ

プロジェクトの設定

マイグレーションの作成を行う前に、.envというファイルを少し編集します。

このファイルにはプロジェクトで使用する様々な情報が記載されています。

今回変更するのは、DB_DATABASE, DB_USERNAME, DB_PASSWORDの3つです。

DB_DATABASE=quickstart
DB_USERNAME=quickstartuser
DB_PASSWORD=quickstartpass

設定の変更は完了です。

マイグレーションの作成

todoリストに使用するテーブルを作成します。

ここはチュートリアルに沿って、tasksというテーブルを用意します。

artisanコマンドを使用して、マイグレーションファイルを作成します。

php artisan make:migration create_tasks_table --create=tasks

こちらの記事でも書いたように、パスを指定して作成出来るので、ディレクトリを作ってから実行すると管理がしやすくなると思います。

上記コマンドを実行するとdatabase/migrations/に新しくファイルが生成されているので、編集します。(ディレクトリ指定した場合は任意のディレクトリを確認して下さい。)

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreateTasksTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('tasks', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->string('name');
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down() {}
}

ファイルの編集が出来たら、マイグレーションを実行してみましょう。

php artisan migrate

実行が成功していれば、quickstartにtasksテーブルが作成されているかと思います。

次はViewの作成を行っていきます。